登山

ニセコアンヌプリゴンドラを利用した登山をご紹介いたします。

山頂駅に到着しましたら入山届に記入しましょう。

片道10分6人乗りのゴンドラを降り、屋外に出ると山頂展望広場と登山道に向う道があります。

ここが登山道入り口、いよいよ登山道に入ります。ここから山頂まで 1.3km、約1時間のコースです。

登山道は一本道で迷うことはありません。しかし斜度があるコースなのでストックを使用することをお勧めします。

コース途中に看板があり距離が分かります。

アンヌプリ山頂リフト(ジャンボ第4ペアリフト)の降り場です。

ここで眺望を楽しみながら一休み休憩です。

山頂まであと800mです。

ここで登山道が二股に分かれます。一方はアンヌプリ山頂へ、もう一方はヒラフゴンドラ山頂駅につながります。

頂上まで500m、半分越えましたね。

稜線にでました、風が気持ち良いです。一気に目の前が開け素晴らしい眺望を見ながら登れます。

ニセコアンヌプリ山頂も見えてきました!

五色温泉側ですね、パノラマライン(道道66号線)も見えます。

山頂到着です!

手前の地肌がむき出しになっている山がイワオヌプリ、右奥にワイス。遠くに日本海(裏積丹)、岩内港、泊の海岸が見えます。

山頂にある避難小屋です。

「ニセコ観測所跡」石碑、ここでゼロ戦の着氷実験をしていました。

天気も良く、今日も沢山の登山客がいます。

標高1,308m 一等三角点。点名「似古安岳」(ニセコアンダケ)。


ゴンドラを降りてからちょうど1時間で山頂に到着、休憩は1回10分をとりました。山頂では眺望を楽しみながら20分休憩、下りは休憩無しで30分。合計1時間50分でゴンドラ山頂駅(標高1,000m地点)に戻ってきました。ゴンドラ片道10分ですので往復20分。結果的に、ニセコアンヌプリ登山を2時間10分で楽しむことができました!


冬のアンヌプリ