NISEKO ANNUPURI 2017年5月7日まで営業

当スキー場で滑走可能な用具の紹介

1 滑走用具にエッジが付いていること。

エッジがないと滑走する際に十分な操作(ターン、減速、停止)が行えない。

2 立ち乗りであること。

しやがみ込んで(座り込み)操作するタイプはスピードの制御が難しく、止まらないため。

3 流れ止め(リーシュコード)を着用すること。

転倒時など、滑走者から滑走用具が離れたとき、滑走用具のみで即座に停止することができるか。

4 スピード及びコントロール操作が適正に行えること。

滑走スピードにおいてエッジの長さが適正であるか。

5 原動機及び駆動装置が付いていないこと。

ゲレンデは上部から滑走するものであり、逆走ができると事故につながるため。
滑走可能用具
滑走用具備考
スノースクートサドル有はリフト乗車不可/リーシュコード必須
スノーモトサドル有はリフト乗車不可/リーシュコード必須
スノーバイククロスサドル有はリフト乗車不可/リーシュコード必須
セパレートスノーボードリーシュコード必須
ポールボードリーシュコード必須
滑走できない用具
そり、プラスチックスキー
スノーランナー
スノーレーサー
エアボード
スノースケート
雪上自転車
スキー・ポッカール
スノーストライダー
クロスカントリースキー
雪板
*コース内での滑走、リフト・ゴンドラ乗車はできません。

アクセス

CAR

  • ●札幌からR230(中山峠)経由で約2時間・約110km
  • ●小樽からR5経由で約1時間30分・約60km
  • ●新千歳空港からR276(美笛峠)経由で約2時間・約110km

BUS

  • ●札幌から約3時間40分
  • ●小樽から約2時間
  • ●新千歳空港から約2時間56分
  • ※運行時間が変更になることがあります。詳細は事前にお問い合わせください。

TRAIN ─────

  • JRニセコ駅から路線バスまたはタクシーで約10分

NISEKO ANNUPURI

2017年5月7日まで営業

当スキー場で滑走可能な用具の紹介

1 滑走用具にエッジが付いていること。

エッジがないと滑走する際に十分な操作(ターン、減速、停止)が行えない。

2 立ち乗りであること。

しやがみ込んで(座り込み)操作するタイプはスピードの制御が難しく、止まらないため。

3 流れ止め(リーシュコード)を着用すること。

転倒時など、滑走者から滑走用具が離れたとき、滑走用具のみで即座に停止することができるか。

4 スピード及びコントロール操作が適正に行えること。

滑走スピードにおいてエッジの長さが適正であるか。

5 原動機及び駆動装置が付いていないこと。

ゲレンデは上部から滑走するものであり、逆走ができると事故につながるため。
滑走可能用具
滑走用具備考
スノースクートサドル有はリフト乗車不可/リーシュコード必須
スノーモトサドル有はリフト乗車不可/リーシュコード必須
スノーバイククロスサドル有はリフト乗車不可/リーシュコード必須
セパレートスノーボードリーシュコード必須
ポールボードリーシュコード必須
滑走できない用具
そり、プラスチックスキー
スノーランナー
スノーレーサー
エアボード
スノースクート
雪上自転車
スキー・ポッカール
スノーストライダー
クロスカントリースキー
雪板

*コース内での滑走、リフト・ゴンドラ乗車はできません。

アクセス

〒048-1511 北海道虻田郡ニセコ町字ニセコ485

TEL(0136)58-2080